献血に行ったら断られたので、どんな人が献血ができないか調べてみました

血液型

皆さん献血って行ったことありますか?

先日私は妹と一緒に初めて献血に行ってみたのですが、私だけ「献血できません」と断られてしまいました。元気なようでも献血できない場合があるようなので、「どんな場合に献血できないか」を調べてみました。

スポンサーリンク

献血の手順

まず、献血が行われる手順から。

  1. 献血受付(本人確認など)
  2. 健康状態確認のための質問への回答
  3. 医師による問診と血圧測定
  4. ヘモグロビン濃度測定/血液型事前判定
  5. 採血ベッドに横になり採血を開始(全血献血:約10~15分、成分献血:約40~90分)
  6. 休憩
  7. 献血カード(献血手帳)受け取り

参考 献血の手順|日本赤十字社

私の場合、「健康状態の確認」で引っ掛かりました。以下は問診表の一部です。

献血問診票

※問診票の内容については献血の手順|日本赤十字社に質問事項のPDFがありますのでご確認ください。

献血できないのはこんな場合

当日、体調が悪い・薬を飲んだ・熱がある

熱があるなどの体調が悪い場合はもちろん、過度の空腹や睡眠不足の時もできない場合があります。ビタミン剤や一般的な胃腸薬なら大丈夫のようですが、できるかどうか不安なら問診の時に聞いてみるほうがいいでしょう。

3日以内に出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けた

口腔内常在菌が血中に移行し菌血症になる可能性があるので、3日以内に抜歯などの治療を受けた場合は献血できません。

24時間~1年間で予防接種を受けた場合

  • インフルエンザ、日本脳炎、コレラ、A型肝炎、肺炎球菌、百日ぜき、破傷風等の不活化ワクチンおよびトキソイド【接種後24時間】
  • B型肝炎ワクチン、おたふくかぜ、風疹、BCG等の弱毒生ワクチン【接種後4週間】
  • 天然痘ワクチン【接種後2カ月間】
  • 破傷風、蛇毒、ガスえそ、ボツリヌスの抗血清の投与【投与後3カ月】
  • 抗HBs人免疫グロブリンを単独または併用【投与後6カ月間】
  • 狂犬病ワクチン(動物にかまれた後)【接種後1年間】

6カ月以内にピアスの穴をあけた場合

  • 医療機関等、使い捨ての器具で穴をあけた場合【最低1カ月間】
  • 友人などと共有の安全ピンや針で穴をあけた場合【6か月間】
    ※エイズ、B型肝炎およびC型肝炎などの感染を考慮して
  • 口唇、口腔、鼻腔など粘膜を貫通してピアスを挿入している場合【献血できない】

6カ月以内にいれずみを入れた場合

6カ月以内にいれずみを入れた場合は肝炎等のウイルス感染を考慮して献血できません。

特定の病気にかかったことがある場合

心臓病、悪性腫瘍、けいれん性疾患、血液疾患、ぜんそく、脳卒中にかかったことがあると献血できません。

※悪性腫瘍(ガン)の場合は治ったとしても完治したと判断するのが難しく、再発がないとは言い切れないため献血できないようです。

海外旅行者および海外で生活したことがある場合

ウイルス感染症などによるリスクを軽減するため帰国日(入国日)当日から4週間以内は献血できません。

輸血歴・臓器移植歴のある場合

現在の検査法では検出できない未知のウイルスへの感染リスク軽減のため献血できません。

エイズ、肝炎などのウイルス保有者、または疑いがある場合

エイズウイルス(HIV)やB型肝炎およびC型肝炎など感染初期には検出できない時期があるため、感染の危険性が高い行為が過去6カ月間にある場合も献血できません。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる場合

現在、輸血での伝播が疑われている報告があるため献血できません。

妊娠中、授乳中の場合

妊娠中や授乳中には貧血になりやすいため献血はできません。※出産後6か月以内、出産後1年以内で授乳中の場合

その他、献血基準を満たしていない

「血圧が高い・低い」または「貧血気味」など、「血圧測定」や「ヘモグロビン濃度測定」の結果によっては献血できません。また、前回の献血からの間隔が短い場合も献血できません。

まとめ

私は10年以上前、大きな病気になったことがあります。治療も終わり今ではすっかり元気なので、まさか献血できないとは思ってもいませんでした。

今回調べてみたことで、献血できないケースが以外と多いこともわかりました。

残念ながら私は献血はできませんでしたが、健康な方にはぜひ献血に行ってもらいたいなと思います。


参考 献血する|日本赤十字社

スポンサーリンク

シェアする

フォローする