Galaxy S6 edgeの外観を他のGalaxyスマホと比べてみた

只今、Galaxyアンバサダープログラムの企画で「Galaxy S6 edge モニター」に参加中のアオイです。

モニター機として届いたのはGalaxy S6 edgeのau版。
auのSIMがないのでWi-Fiでの利用で7月31日までお借りします!

Galaxy 「Note 3」「J」「S6 edge」

うちにはGalaxyシリーズの「 J」「Note 3」があるので「S6 edge」と並べてみました。

GALAXYシリーズ

大きさは
Note 3 > S6 edge > J の順で大きいです。
最厚部は「J」の方が「S6 edge」より0.5mmほど厚いです。

スポンサーリンク

S6 edgeの電源ボタンの位置がちょうどいい!

3つのスマホを重ねて側面を見てみると、電源ボタンの位置が違いますよねー。
「S6 edge」の電源ボタンはちょっと下にあります。

GALAXYシリーズ 側面

「S6 edge」の一番の特徴はなんといってもエッジスクリーンです。
「両端がカーブしててなんか使いにくそうかも…」と思っていましたが、実物を見て少し触ってみて180度考えが変わりました。

まずデザインですが、見れば見るほど高級感があってキレイです。

「S6 edge」は両端がカーブしているので持ちやすく、ボタンの位置もちょうどいい感じなんです。
本体を左手で持った時は電源ボタンがちょうど人差し指の位置に、右手で持った時は親指の位置なので押しやすい!

なんたって今使ってる「note3」がでかくて重いからか、持ちやすい「S6 edge」がすごく洗練されてる印象に感じました。

次回は「S6 edge」の画面をテーマパックなどで自分好みに変えてみようと思います。

参考 Galaxyアンバサダー
参考 Galaxy S6 edge