日本橋生まれのエターナル青春系ブラウザ「Kinza(キンザ)」を使ってみた

kinza

Kinza(キンザ)公開日にダウンロードしてたのすっかり忘れてて、今日見たらいつの間にかバージョンが1.1.0になってて、なんだか乗り遅れた気がして地味にショックを受けてるアオイです。

スポンサーリンク

エターナル青春系ブラウザ「Kinza(キンザ)」とは

Kinza」は、Google Chromeのベースとなっているオープンソース「Chromium」をベースにしたWebブラウザーです。

kinza

  • 高性能なRSSリーダーを標準搭載
  • 余計な機能がついてないので超シンプルでサクサク
  • Chrome と同じように拡張機能でカスタマイズできる
  • ユーザの要望をもとに独自の新機能を追加開発していくので今後が楽しみ

ユーザーと一緒に作っていくブサウザということなので、「さぁみんなで一緒に良いモノを作っていこう!」という姿勢が青春系ということなんでしょうかね?

「feedly」のRSSを「Kinza」のRSSリーダーにインポートしてみた

まず「feedly」にログインしhttp://feedly.com/index.html#opmlにアクセスして、OPMLファイルをエクスポートします。

feedlyのOPMLファイルをエクスポート

次にKinzaのアドレスバー右側の「K」ボタンからRSS一覧を開きます。

RSS一覧を開

メニューから「すべて削除」します。(デフォルトに戻すで戻れるので気にせず削除!)

RSSメニュー

OPMLファイルからインポートでさきほど保存したfeedlyのOPMLを読み込んで完了です。

RSSが少ない場合はシンプルで見やすいと思いますが、RSSが多いとちょっと見にくいかなぁ。
カテゴリ(フォルダ)分けできればいいんですけどねー。

Kinzaを使ってみた感想

  • chromeにはないタブ設定が標準搭載されてるのが便利。
    タブの開き方が気なる人には何気にうれしい機能だと思います。
  • シンプル、カスタマイズ好きには楽しい!
    とにかく余計なモノが入ってないので、色々カスタマイズできそうです。もちろんそのまま使ってもサックサクで快適です。
  • RSSをカテゴリ(フォルダ)ワケしたい。
    BBSにも同じ要望があがってるようなので今後に期待です

気になる人はとにかく使ってみてください。
私もしばらくはchromeとKinza両方使ってみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする