【ソーシャルギフト】ローソンの「からあげくん」をLINEでプレゼントしてみた

ソーシャルギフト

「今度コーヒーでも奢るわ」と言いながら奢ったことがないアオイです。

さてみなさんは「ちょっとした感謝の気持ちやお祝いを伝えたいとき」どうしてますか?

「電話で直接言う」
「メールで伝える」
「LINEなどのSNSでメッセージを送る」
などなど、方法は色々ありますよね。

いただく側からすると「ありがとう」とか「おめでとう」の一言をもらうだけでも嬉しいものですが、いざ贈る側になったときに言葉だけだとちょっと足りないなってことないですか?
かといって、かしこまったプレゼントだと逆に相手にも気を遣わせてしまうし、異性だったら変に誤解されてしまうことがあるかも…

相手に気兼ねなく受け取ってもらえるプレゼント」ってなかなか難しいもんですね。

先日、私も「メッセージ以外に何かプレゼントできるものないかな…」ってことがありました。
誕生日のプレゼントを数か月前に前渡ししていて、誕生日当日はLINEでメッセージを送ろうと思っていました。
でも、メッセージだけじゃ何か足りないなーという気になって色々考えていたところ「ソーシャルギフト」があることを思い出しました。でも利用したことがなかったのでこの機会に利用してみることにしました。

スポンサーリンク

ちょっとした気持ちを贈れるソーシャルギフトって?

「ソーシャルギフト」はFacebookやTwitterやLINEなどのSNSを利用して贈り物ができるというサービスです。
相手の住所がわからなくてもプレゼントが贈れるという手軽さから利用者も増えてきているみたいですね。

ソーシャルギフトの紹介

ローソン e-Giftを贈ってみた

私も実際に贈ってみたので使い方などご紹介します。
今回は、ローソンの「からあげくん」にしてみました。からあげくんうまし!私も大好きです。私も欲しい。

では、早速手順の説明を。

1 ローソン e-Giftのページにアクセス

ローソン e-Gift https://gift.lawson.jpにアクセスします。スマホ・PCどちらからでも利用できます。
※LINEを利用して贈りたい場合はスマートフォンからアクセスしてください。

ローソン e-Gift

2 ギフトの選択

贈りたいアイテムを選びます。
「MACHI caféドリンク」「からあげくん」「ウチカフェプレミアムロールケーキ」「ローソンお買い物券」があります。

ギフト選択

3 メッセージカードを選択

メッセージカードの種類は「おすすめ」「Thank you」「Birthday」「おつかれさま」「おめでとう」があります。
カードにはメッセージを入れることもできます。

 カードを選択

4 ギフトの贈り方を選択

ギフトは「Facebook」「Twitter」「LINE」「メール」のいずれか、相手が受け取れる方法を選択します。
※PCの場合、「LINE」は選択できません。

送り方を選択

5 送り主の情報を入力

送り主の情報はFacebookの情報を利用するか、メールアドレスを入力します。

6 支払方法を選択

支払い方法は「クレジットカード」「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」から選択します。
※PCの場合は「クレジットカード」のみとなります。

支払い方法を選択

7 LINEで送る

決済や注文が完了したら、次はLINEで送ります。

注文完了

【LINEで贈る】をタップするとLINEアプリが起動するので贈る相手を選びます。
LINEのメッセージとともにURLを送って完了です!

はい、簡単でしたね。
アイテムやメッセージの入力時間を含めても5分ほどでギフトを贈れちゃいました。

LINEのメッセージはこんな感じ↓。
LINEのメッセージ

で、URLを開くとこんな感じ↓。
ローソン e-Gift

まとめ

ソーシャルギフトを今回初めて利用してみましたが簡単でいいですね!

ソーシャルギフトのいい点として
・相手の住所や名前を知らなくてもLINEやTwitter、メールでも贈れる
・少額なので気軽に贈れるし、贈る相手にも気を遣わせない
などがあります。

でも簡単だからといって気持ちがこもっていないわけでもなく、言葉だけのメッセージを送るよりもちょとしたサプライズ効果もありそうです。
今回私が贈った人にも後から感想を聞いてみましたが、「初めてこんなのもらってビックリ!サプライズで嬉しい♪」と喜んでもらえました。

それに私のように、コーヒーを奢る約束を忘れてても後からLINEで「はいどうぞ」と送れちゃうので助かりますね!

「ありがとう」「おめでとう」「がんばって」「ごめんね」「おつかれさま」など、言葉にちょっとした気持ちを添えることができるソーシャルギフト。
私はこれからも便利に利用してみようと思います。皆さんもちょっとした気持ちを贈ってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする